一般社団法人 AI-Lab.

CASE STUDYCASE STUDY

ABOUT

Ai-Lab × 各大学との取り組みAi-Lab × 各大学との取り組み

私たちAI-Labは、様々な領域においてAI技術の研究・開発を行い、新技術の研究開発や新事業の創出を図ることを目的とし、大学などの教育機関との産学連携を積極的に行っております。
大学とコンペティションを開催するなど、教授や学生の皆さまのAI技術の研究成果を発揮できる場所を設け、付加価値のある開発をめざし社会変革に貢献を行っていきます。

九州工業大学九州工業大学

CASE STUDY

九州工業大学×AI-Lab
「IoT/AI/5Gビジネスプラン・コンテスト」

九州工業大学×AI-Lab

IoTやAI、5Gの急速な技術進歩の中で、様々な商品やサービスへ展開がなされています。一方で、これら先端技術をどのように事業に生かしたら良いか分からない中小企業事業者も多く、事業における課題出しと解決のためのアイデア出しのニーズは高まっています。本コンテストは、高等教育の場で学ぶ学生に対して、様々な社会課題に対してIoTやAI、5Gを用いて解決する方法を考えてもらい、課題発見・課題解決のスキルを磨くきっかけ・機会にしていただく教育プログラムの一環として企画させていただきました。
またAI-Labからは企画・運営スタッフのアサイン、審査員の派遣、賞金提供等をさせていただいております。

中藤 良久中藤 良久

九州工業大学
IoTシステム基盤研究センター長
大学院工学研究院
電気電子工学研究系

中藤 良久教授

大学では障がい者や高齢者の支援システムに関する研究に従事。現在、九工大IoTシステム基盤研究センターにてIoTやAIを用いて社会課題を解決する研究活動を推進中。

福本 幸弘福本 幸弘

九州工業大学
大学院工学研究院 電気電子工学研究系

福本 幸弘特任教授

30年間エレクトロニクス企業でオープンイノベーションを活用したディジタル家電の開発に従事。
2017年より企業との連携でIoTシステムの研究を推進中。

野林 大起野林 大起

九州工業大学
大学院工学研究院 電気電子工学研究系

野林 大起助教授

情報ネットワーク、マルチホップ無線網、無線LAN技術、センサネットワーク等に関する研究に従事。近年はIoTを支える無線通信技術や5G通信に興味を持つ。

東京理科大学東京理科大学

CASE STUDY

東京理科大学×AI-Lab
ビジネスプランコンテスト

東京理科大学×AI-Lab

IoT,AIの急速に普及している昨今、今後の社会で求められている「リテラシー」も大きく変わってきており、何かを発想しあらたなものを創造する為の人材育成の必要性も日々高まっています。本コンテストは、これからの多様な世界で生きる学生に、IoTやAIを用いて新たな社会課題の解決策を見出すスキルを身につけるきっかけ・機会にしていただく意図で企画させていただきました。
またAI-Labでは企画・運営スタッフのアサイン、審査員の派遣、賞金提供等をさせていただいております。

朝日 弓未朝日 弓未

東京理科大学
経営学部 経営学科

朝日 弓未教授

マーケティングサイエンス・消費者行動論・行動計量学等が主な研究領域。
「日本オペレーションズ・リサーチ学会 学会誌及び論文誌の編集委員」「日本ソーシャルデータサイエンス学会 理事」など学内学外問わず広く活躍中。

Contact

Contact us

産学連携ビジネスコンテスト、その他AIに関するご相談・ご質問などございましたら、
お気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

Contact details

東京オフィス

  • 〒100-0006
    東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館6F
  • TEL:050-5866-7978
  • TEL:050-5866-7978
  • Mail:info@ai-l.net

福岡オフィス

  • 〒812-0013
    福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル7F