はじめに

文部科学省からも能動的な学習を目指す「アクティブラーニング」が推奨され、
日本でも課題解決型授業(PBL)が急速に導入され始めました。
しかし、日本の教育現場では、学校教師と生徒のみで完結するチュートリアル型が多く、
民間企業等との連携により実社会が学べる実践体験型は、まだまだ普及が進んでいないのが現状です。
AI-Labは、学生のうちに世の中で求められている実践力を磨く機会を設けることで、
卒業後即戦力となれる人材に成長して欲しいという想いから本授業を企画いたしました。

開催概要

今回は、AI-Labのグループ会社の出資先であり、
アマチュアスポーツ情報メディアを運営する株式会社グリーンカードの社員になったという設定のもと、
7週間に及ぶ授業の中で、アマチュアスポーツ業界に潜在する課題を抽出し、
新規事業の企画提案に挑戦していただきました。
AI-Labは、事業内容をより精緻に知る出資元並びに起業家としての立場で参加し、
ビジネスを考えるうえで必要な視点について助言いたしました。
また、運営として、本授業テーマの決定、プレゼン内容の評価、審査員派遣、表彰状の授与を
AI-Labが担当させていただきました。

審査基準

スケジュール

プレゼン会の様子

結果発表

結果発表

最優秀賞

Club Calendar

伊藤 美空

海外でみられるOB/OGからのアマチュアスポーツチームへの寄付によるサポートの文化が未だ根付いていない日本。その要因として考えられる「きっかけがない」「寄付金の不透明」「支援しても楽しさの実感がない」といった問題を解消する会員制Webサービスの運営を提案。

受賞者コメント
この度最優秀賞を頂き大変嬉しく思います。実際の企業にビジネス提案を行うという初めての経験で不安もありましたが、新たな自信へと繋げることができました。様々な角度からのアドバイスをしていただいたAi-Lab様、株式会社グリーンカード様をはじめ、ご指導いただいた皆様方に心から感謝申し上げます。今回の受賞を糧とし、今後も精進して参ります。
優秀賞

アマチュアサッカーチームと
カメラマンを繋ぐ紹介システム

小林 雛子、小林 夕紗、鈴木 萌奈加

アマチュア選手とその親からは、プレー中の写真や動画が欲しいという需要があるものの、プロのカメラマンへの依頼は高価であり「気軽に利用できない」「依頼先不明」「受け手がいない」といった現状がある。そこで、プロではないカメラマンの活躍に着目したサービスを提案。

受賞者コメント
この度は優秀賞を頂き、ありがとうございます。この授業ではマネタイズや実現性などリアルな考え方を学び、ビジネスの難しさを痛感しました。実際に企業の方にお話を伺い、直接提案するということはとても緊張しましたが、今後に活かせる学びが多く大変充実した良い経験となりました。
優秀賞

スマートボールサービス

金城 秀都、星野 竜輝

IoTを活用したスポーツ用品が拡大していく中で、ボールを蹴る動作における身体情報を収集できるサッカーボールが誕生したが「導入コストが高い」「技術の向上に繋がる保証がない」「そもそもの認知度が低い」などの課題もあり市場に普及していない。 そこで、個人の技術向上に当該サッカーボールの使用は効果的であるという前提のもと、市場での普及とマネタイズが可能なビジネスモデルを提案。

受賞者コメント
本講義を受ける前は、企業に対してどのように事業提案を考え、伝えればよいのかが理解できていませんでした。しかし今回の講義を経て、企業目線でビジネスについて考えるために必要な知識や技術を学ぶことができたので、これらの経験を今後の活動に活かして励んでいきたいと思います。ありがとうございました。

審査講評

芝浦工業大学 蘆澤准教授
これだけの数の大人を前にしてプレゼンをするのは、学生たちにとって初めての経験でした。さらにビジネスまで考えないといけないということもあり、学生たちはずっと緊張の中で授業に取り組んできました。最終プレゼン会終了後、学生たちが一斉に「ふぅ〜、終わったぁ…」という感じで、とてつもない緊張感から解き放たれた様子でしたが、「勉強になった?」と聞いたところ、全員が「うんうん!!」と大きく頷く姿が印象的でした。
普通の大学授業では絶対に得られない貴重な学習をさせていただけたこと、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました!
株式会社グリーンカード 羽生代表
全授業を通して、当社のことを徹底的に分析し、いろんな視点で考えて頂いたということが、本当に有り難いことですし、嬉しかったです。
今まで「若い視点」というのを持ち得なかったので、学生の皆さんからのプレゼンを聞きながら、ハッとさせられたころもたくさんあり、大変参考になりました。
今後、アマチュアスポーツにどうのように価値を付けるか、この点に対してまた皆さんと意見交換ができたらいいなと思っています。

主催・後援

主催

  • AI-Lab
  • 芝浦工業大学

後援

  • 合同会社 UNITEDベンチャーキャピタル